×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メルマガに広告を挿入する

さあ!いよいよお待ちかねの広告の挿入です。
まずメルマガに広告を挿入するのは5〜6回メールマガジンを発行してからにしましょう。
広告がいきなりババーンとあるとメルマガは、発行の目的は広告とみなされて
メルマガの審査で落とされることもあります。

次に具体的に広告をいれていく方法です。

絶対にやってはいけないこと

貴方が購読しているメルマガにこういう囲いされているもの、よく見ませんか?

─…─↓ PR ↓─…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…──…
□■□      「薄毛・カツラでお悩みの方へ!」       □■□
□■      好評の試着レポーターキャンペーン実施中!      ■□
□■ ○○○○○の特許技術・編み込み式増毛法を体験してみませんか?■□
□■□ ▼今なら謝礼として現金3万円差し上げます。詳しくはこちら▼□■□
http://ad.★★★.com/ad?d=10U0bP●●●0A60s●●●f398c53
…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─↑ PR ↑─…──…─

ものすごーくインターネットに無知な人ならともかく、
メルマガ購読して情報を得ようと思っている人が
この広告をクリックしてくれる可能性って低いです。
強烈なキャッチコピーでもつけられるのならまた話は別かもしれませんが。

じゃあどうするの?

広告に溢れているので飽きちゃっているのが現状です。メルマガの利点は直接、メルマガ読者に良さを伝えられること。
その利点をフルに活かすのが、メルマガ文中に貴方の言葉で広告したいものを書くこと。
広告もコンテンツの一部にしてしまうのです。

信頼できるメルマガ発行者の貴方が薦めるのなら、、、
とクリックしてもらえる可能性は高まると思います。
煽りすぎは禁物です。
常にメルマガ読者の立場になってあげてくださいね。

  

サイトMENU

Copyright (C) 2008 メルマガ広告 戦うメールマガジン. All Rights Reserved.